外貨mmfで発生する恐れのあるリスク

外貨mmfで取り扱われる公債や社債は、優良企業のものですから、比較的元本割れのリスクが少なく、長期的に安心して利回りを得られる商品であるといわれています。

しかしながら投資商品であることには変わりなく、投資を行う場合には個人がリスクをしっかりと理解をして、個人の責任で行う必要があります。
当然、比較的リスクの少ない投資商品といわれている外貨mmfにもリスクは存在します。



外貨mmfに発生する恐れのあるリスクとしては、価格リスクと金利リスクそして為替リスクの大きく分けて3つのリスクがあります。
外貨mmfにおける価格リスクは、投資商品の価格の上昇や下落です。


価格が上昇すれば当然儲けが生じるのですが、万が一大きく下落することがあれば大きな損をしてしまうことになります。



元本割れのリスクが少ないといわれている外貨mmfですが、価格が下落することで元本割れを起こすこともあるということを理解しておく必要があります。


外貨mmfにおける金利リスクは、金利の変動により投資している公社債の価格が変動してしまうことです。

一般的に公社債などの債権では、金利が上昇すると価格が下がり、逆に金利が下がると価格が上がるようになっています。

ですからこの金利と価格の関係を理解し、金利が下がる直前や上昇した直後に投資の対象となる公社債を購入し、逆に金利が上昇する直前や下がりきった直後に売るという流れが理想的です。
ただ、公社債を集めてできた投信信託のような商品である外貨mmfはあまり金利リスクを受けることは少ないといわれています。

外貨mmfにおける為替リスクは、為替の値動きが毎日変動していることで起こるリスクです。



これは為替に連動する外貨商品にだけ起こるリスクです。

外貨はその日の値動きで価値が決まってきます。



数分という単位でも値が大きく変動することもあります。


通常、円安の時には利益が得られやすく、円高の時には損をしやすくなります。



円高が底を打ったことを確認して長期運用を行うとリスクを回避することができます。